【女性用】分け目やつむじの薄毛を簡単に隠せるアイテム3選

スポンサーリンク

髪は、顔よりも印象を左右するパーツといわれています。

なぜなら、髪は頭の大部分を占めているためです。

例えば、〇〇さんと初めて会ったとします。〇〇さんは薄毛でした。

あなたにはもう「薄毛」がインプットされて、「薄毛の〇〇さん」と覚えてしまいます。

一度ついてしまった印象はなかなか覆すことはできません。

早く改善したい薄毛ですが、髪の毛が伸びるのが遅いように、薄毛の改善も時間がかかってしまいます。

でも、すぐにどうにかしたいですよね。そんなときにおすすめなのが薄毛隠しアイテムです。

この記事では、3種類の薄毛隠しアイテムを紹介しています。自分の生活シーンに合ったアイテムを使って、ストレスなく過ごしましょう。

 

パフ型タイプ

パフ型タイプは、薄毛隠しアイテムの中で一番使いやすく、メイクするのと同じ感覚で使えます。

パフなので髪の生え際も自然に塗れるし、量の調整も難しくないので不器用な人にもおすすめ。

私が実際に使っていたのがフジコデコシャドウです。

薄毛が改善したらシェーディングとしても使えます。

私は、このパフ型タイプの薄毛隠しアイテムと【女性の薄毛】前髪スカスカ地肌見えは放置NG!私が実際に改善できた4つの方法で、薄毛をストレスなく改善することができました。

パフ型タイプのメリットは自然に隠せることですが、しっかり隠したいという人には物足りないと思います。

 

ふりかけるタイプ

ふりかけるタイプは男性が使っているイメージがありますが、女性用もあります。

使い方は、パウダーをふりかけた後、定着力をアップさせるためにミストやスプレーで固定させます。

しっかり薄毛を隠すことができますが、パウダーの粒子が大きい、自分の髪色に合ってないものを使うとバレます。

量の調整にコツがいるので、慣れるまでは使いづらいかもしれません。

ふりかけるタイプを選ぶなら、

  • 粒子の細かいパウダー(マイクロヘアパウダー)
  • 自分の髪の色に合ったパウダー

を選びましょう。

色を選ぶときは、自分の髪の色よりワントーン上げて選ぶことで自然に馴染みます。

 

スプレータイプ

スプレータイプは、薄毛が目立つところに吹きかけて使うので手軽です。

ふりかけるタイプみたいに、スプレーやミストで固める必要のないので時短したい人におすすめ。

広範囲に使うなら問題ないのですが、狙ったところだけにかけたい場合は量の加減が難しいです。

 

薄毛を簡単に隠せるアイテム3選 まとめ

今回紹介したものを比べてみると、

タイプ別使いやすさメリットデメリット
パフ型タイプ★★★生え際も自然に隠すことができる薄付き

落ちやすい

ふりかけるタイプしっかり隠せる

落ちにくい

コツを掴まないと、不自然に見えてしまう

 

スプレータイプ★★使い勝手がいい

しっかり隠せる

量の調整が難しい

それぞれ、メリットとデメリットがあります。

全てに共通していえることは、地肌や髪の毛に直接使うものなので、天然成分を使っているものを選ばないといけないということ。

薄毛を改善したいのに頭皮を弱らせるものを使ってしまったら、なかなか薄毛は改善しません。

汗で落ちないように、定着力が高いものを選びがちですが、落ちにくい分、地肌に刺激を与えてしまいます。

頭皮の刺激をできるだけ減らすためには、「普段使いのもの」と、「運動など汗をかくときのもの」で使い分けるようにしましょう。

 

その他、薄毛に関する記事はこちらから▼